2019/11/17更新
  • 第29回国際服飾学術会議の日程・場所(予定)をアップしました。

第29回国際服飾学術会議

1.日時  2020年8月20日(木)・21日(金)準備日:8月19日(水)(発表者打ち合わせを含む)

2.場所  神戸ファッション美術館

3.内容  講演、口頭研究発表、ポスターセッション、International Costume Exhibition(ICE)

4.募集内容
1) 口頭研究発表 各国5件(発表時間25分 質疑を含む)
  〇国際服飾学会大会での口頭発表又は国際服飾学会誌に論文掲載の実績のある方に限る。
 〇発表は英語とし、要旨集は英語で作成する。
 〇発表者が台湾・韓国からの参加者のために中国語・韓国語要旨が必要と判断する場合は、発表者の責任で翻訳し、会場配布の形とする。
 〇共同発表可能(共同研究の成果に限る)。
2) ポスターセッション 各国25点
 〇共同発表可能。 ただしファーストオーサーは1点のみ。
3) International Costume Exhibition(ICE) 各国25点
 〇出展数 : 1人2点まで。
 〇製作者 : 個人又は共同(共同研究の成果としての作品に限る)。 
*募集内容1) 2) 3) ともに、共同発表者も全員、会議登録をし、会議に参加するものとする。
*発表可能数 共同発表は、口頭発表・ポスター・ICE の3分野を合わせて2回までとする。
 口頭発表+ICE ・・・・可 (両方ともファーストオーサー可)
 口頭発表+ポスター・・・可 (ファーストオーサーはいずれか一方のみ)
 ポスター+ICE ・・・・可 (両方ともファーストオーサー可)

5.費用  会議参加費:280ドル(US$) (懇親会費を含む) 学生参加費:登録料 150ドル 、懇親会費 未定 ICE出展費 130ドル 

6.申込締め切りの予定  2020年 2月末(詳細は改めて送付します。)

第29回会議からは、Art  To Wearは伝統衣裳の復元展示も可能となり、名称も「International Costume Exhibition(ICE)」と改称されました。
多くの方の参加・発表をお待ちしております。


過去の学術会議

第28回国際服飾学術会議

    日時  2018年8月22日(水)~23日(木)
    場所  National Library of Public Information(國立公共資訊圖書館) 台湾、台中市

日本からは32名が参加し、Oral 5件、Poster 17件、Art To Wear 13件の発表を行いました。


 

〒112-0005 東京都文京区水道2-13-4 ビクセル文京207号 (株) ケーアンドユー内 国際服飾学会
Copyright (C) 2013 The International Association of Costume All Rights Reserved