2012年度第1回研究会

日時・12月15日(土) 13:30~16:30
会場・東京家政学院大学千代田三番町校舎  1501教室
〒102-8341 東京都千代田区三番町22
JR、地下鉄の「市ヶ谷駅」、地下鉄「半蔵門駅」、「九段下駅」下車

内容・第1部 第25回国際服飾学術会議・研修報告
 1.会議報告      増田美子会長
 2.研修旅行報告    藤田恵子氏
 3.口頭発表の内容紹介(日・韓・台湾) 伊豆原月絵氏
 4.ポスターセッションの紹介      大塚有里氏
 5.ART TO WEAR 発表作品のコンセプトと作品の紹介
  作品の紹介             谷井淑子氏

第2部 講演  「クルドの編み靴ギーベ」   片岡淳氏
ディスカッション
 

2011年度第2回研究会

日時:2011年12月10日(土)13:00-16:45
場所:学習院女子大学 2号館223教室

第1部 学術研究会及び研修旅行の報告 13:00-14:15
1.開会の挨拶 有馬澄子

2.本研修旅行と学術研究会の概要とその成果 水谷由美子

3.日本側の講演・発表について 増田美子

4.フィンランド側の講演・発表について 田中俊子

5.フェルト・ワークショップについて 大塚有里

休憩(フェルト作品展示、発表作品展示)14:15-14:30

第2部 研究報告及びフィンランドについてのフリートーク 14:30-16:45

6.研究報告その1(テキスタイルを利用した表現-フィンランドのモダン・アート 佐藤恭子)

7.研究報告その2(伝統染織の現代のかたち 川口えり子)

8.参加者によるフィンランドについてのフリートーク 司会 木戸雅子
 澁谷麻耶 現代フィンランドのファッションとテキスタイルについて(15分)
 泉山幸代  北極圏の衣生活―フィンランドの伝統衣装から―(10分)
 梅谷知世 サーミの服飾  (5分)
 小山田江津子 フィンランドの漁業文化 (5分)

9.閉会のあいさつ 西垣賀子
 

2011年度第1回研究会

日時:7月30日(土)14:0 0 ~17:00
場所:共立女子大学 本館 1023号室   千代田区一ツ橋2-2-1

第1部
○フィンランドの概要と芸術文化について
  ヘイッキ・マキパー博士 (日本フィンランドセンター所長)
フィンランドセンターは、研究や高等教育および文化面で、日本とフィンランドの相互協力を促進する文化・学術機関です。ヘイッキ・マキパー博士は東京のフィンランドセンター所長を務められています。



○マリメッコそして留学からデザイナーへの道 大田 舞 氏(マリメッコデザイナー)
プロフィール:2003年3月山口県立大学生活科学部環境デザイン学科卒業。フィンランド国立ヘルシンキ芸術デザイン大学(現アールト大学)大学院修了。ヘルシンキ市立スエーデン学校Arbisで日本のファッション文化や服飾造形を教える傍ら、Hanna Sarén(ヘルシンキ)でパタンナーとして勤務。その後marimekkoにてインハウスデザイナーとしてバッグデザインを担当。
2011AWでファッションデザイナーとしてデビュー。

=コーヒーブレイク(フィンランドDVD上映)=

第2部 フィンランド学術研修旅行についての説明* 実行委員長 水谷 由美子
*旅行に関する具体的な説明    トップツアー株式会社 國分 重希氏 担当
 

2010年度第2回研究会

第一部を宇野みどり氏の講演、第二部を韓国学術研修旅行研究報告会というかたちで開催致しました。

日時:12月4日(土)13:30 ~17:00 
場所:共立女子大学 本館1階 108号室   千代田区一ツ橋2-2-1
アクセス 都営三田線 都営新宿線 半蔵門線「神保町」下車 A9またはA8出口
     東西線「竹橋」下車 1B 出口

第一部 宇野みどり 氏 講演 「東アフリカの女性とカンガ」 13:30~14:30
カンガの着方パフォーマンス  14:30~14:50

 内容:アフリカというと飢餓、エイズ、紛争、難民の姿を連想しがちだが、現状は刻々と変化し発展している。冷房の効いた高層ビルが立ち並ぶ都市、そこに住むカラフルに着飾って陽気に闊歩する人々の生活はまだあまり知られていない。特に政治、経済面で目覚ましい活躍を続ける女性たちと衣服、カンガという布地に書かれた諺を上手に活用する様子、そして真のアフリカを知って欲しい。またカンガの着方の実演も皆様にご披露したい。
 講師紹介:青年海外協力隊タンザニア初代隊員。帰国後NHK国際放送スワヒリ語の翻訳とアナウンスに従事。現在外務省研修所、創価大学、宮城学院女子大学、DILA (大学書林国際語学アカデミー)などで講師を務める。またケニア、タンザニア政府要人の通訳、TV,映画の翻訳に従事。著書に『タンザニアのママたち』、『まずはこれだけスワヒリ語』『タンザニア民話とティンガティンガ』など多数。

(コーヒーブレイク) 15:00~15:30

第二部 第24回国際服飾学術会議及び韓国服飾研修旅行研究報告会15:30~17:00
1.韓国服飾研修旅行について  田中 俊子
2 韓国の生活刺繍について-生活刺繍の実例と装飾性-  津島 由里子
3「装いからみた百済と倭の文化」  増田 美子
 

2010年度第1回研究会

日  時 2010年9月8日(水)13:00~15:30(15:30~ワークショップ)
場  所 アクセサリーミュージアム
東京都目黒区上目黒4丁目33-12 03-3760-7411
内  容 講演「アクセサリーのルーツ」講師 田中元子氏(ミュージアム館長)
館内見学 館長の解説つき 質問歓迎
1室(アールデコルーム)2・3室(アールヌーボールーム)4室(ビクトリアンルーム)他

ワークショップ:コスチュームジュエリーを自分でつくってみる(希望者のみ)
 

2009年度第2回研究会

「ブルガリア服飾文化研究会」

日時 2009年11月14日(土)13:00~16:00
場所 日本女子大学 香雪館 香203教室
     交通 JR目白駅下車 徒歩15分
                都営バス5分(学05)(白61)
プログラム
開会
会長挨拶  田中俊子
研修旅行概要報告  木戸雅子

研究報告
1「ブルガリア民族衣装と組紐」   多田牧子
2「ブルガリアの民族衣装について」 濱田雅子
3「民族服雑感」          田中俊子

閉会
 

2009年度第1回研究会

日 時:2009年7月25日(土)15:00~16:30
会 場:昭和女子大学研究館6階 6S03教室
講 演:「『色彩の紋章』が示す15世紀末の流行色」 お茶の水女子大学教授 徳井淑子氏
 

2008年度第3回研究会

日時 : 2009年2月28日(土)13:30~16:00 終了後懇親会
場所 : 大阪樟蔭女子大学 円形ホール(小阪キャンパス)
シンポジュウム:「ファッションとボーダー」 その2-女性が壊すボーダー 母娘ファッションから異性装までー
司会 : 村澤 博人
パネラー :
1.「母娘ファッションの現状―母から娘へ、娘から母へ」
                伊豆原 月絵 (大阪樟蔭女子大学)
2.「インドネシアにおける伝統的民俗衣装に見られるボーダー」
                稲垣 和子 (萬葉更紗・衣文化研究所)
3.「少女マンガにおける<男装の少女>の変遷」
                押山 美知子 (専修大学人文科学研究所)
4.「英国近世におけるタブレットを着た女性たち」
                松尾 量子 (山口県立大学)
 

2008年第2回研究会

日時 2008年11月29日(土)14:00~16:30
会場 五島美術館「古渡り更紗-江戸を染めたインドの華-」展
(東急大井町線「上野毛駅」下車徒歩5分)

作品解説
小笠原小枝氏(日本女子大学教授)於五島美術館講堂

展示品の見学列品解説の前後にご覧下さい
 
〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-2 本郷ビル3階 (株)ケーアンドユー内
Copyright (C) 2013 The International Association of Costume All Rights Reserved