研究会・研究例会

これからの研究会・研究例会の予定

2017年度第2回研究会を下記の通り開催します。


★2017年度第2回研究会

日時:2017年12月2日(土)13時30分~ 
場所:関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス (兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155) 
ポスターはこちらから→☆(新しいウィンドウが開きます)
・参加費無料

【プログラム】
13:15~ 受付
13:30~15:00 公演「用の美」の衰退-「旗袍」から「チャイナドレス」への変遷をみる-
講師:広岡今日子氏(旗袍コレクター、展覧会監修者)
コメント:江川静英氏(青森大学教授、国際服飾学会理事)
進行:成田静香氏(関西学院大学文学部教授)

15:00~15:10 休憩
15:10~16:30 博物館見学「装いの上海モダン-近代中国女性の服飾-」

関西学院大学博物館・関西学院大学言語教育センターと共催。 

参加申し込み先(当日参加も受け付けます)
国際服飾学会学会事務局 iaoc@nifty.com
 

過去の研究会

★2017年度第1回研究会

※終了しました
日時:2017年7月22日(土) 14:00~16:00
場所:東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス1707教室(東京都千代田区三番町22)

【プログラム】
13:40~受付
14:00~14:30 発表「オランダに渡った日本のきもの‘ヤポンセ・ロッケン’の変容」
  大原昭子氏(マロニエファッションデザイン専門学校非常勤講師)
14:30~15:00 コメント「小袖史の立場から」 河上繁樹氏(関西学院大学教授)
15:00~15:10 休憩
15:10~16:00 ディスカッション


★2016年度第3回研究会

※終了しました
日時:2017年3月11日(土)   13:30~16:00
場所:日本女子大学  百年館低層棟 302教室
【プログラム】 
研究発表
1.20世紀初頭、モードのオリエンタリズムがもたらした女性観の変容(仮)
  岩手県立大学盛岡短期大学部  佐藤 恭子氏 

講演
1. 〈女らしさ〉と〈男らしさ〉―19世紀フランスのジェンダー規範
  慶應義塾大学文学部教授  小倉 孝誠氏
<プロフィール>
1956年生。1987年、パリ第4大学文学博士
専門:近代フランスの文学と文化史
著書:『犯罪者の自伝を読む』(平凡社新書、2010)、『愛の情景』(中央公論新社、2011)、『革命と反動の図像学』(白水社、2014)、『写真家ナダール』(中央公論新社、2016)など
訳書:アラン・コルバン『音の風景』(藤原書店、1997年)、フローベール『紋切型辞典』(岩波文庫、2000年)など

なお、本研究会は日本女子大学総合研究所と共催です。

★2016年度第2回研究会

※終了しました
日時:10月  8日(土)   14:00~17:00
場所:京都女子大学   C校舎4階 C412講義室

内容:
研究発表
1.「明治時代の和服模様にみるアール・ヌーヴォーの影響とデザインの近代化について」
樋口温子氏 関西学院大学大学院

報告
1. 第27回国際服飾学術会議韓国ソウル大会報告 口頭・ポスター・A&W受賞者

講演
1.「グローバル時代のファッションデザイナー」
成実弘至氏 京都女子大学教授

★2016年度第1回研究会

※終了しました

日時: 7月23 日(土) 14:00 ~ 16:50
場所: 東京家政学院大学千代田三番町キャンパス 1707教室

内容
14:00~15:40 研究発表
1. 武家服飾変遷史序説―鎌倉時代から室町時代へ
山岸 裕美子氏(群馬医療福祉大学)
2. 礼装規範の形成と近代日本
小山 直子氏(宇都宮大学非常勤)
<休憩>
15:50~16:50 第27回 国際服飾学術会議について参加者打ち合わせ会



 

〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-2 本郷ビル3階 (株)ケーアンドユー内
Copyright (C) 2013 The International Association of Costume All Rights Reserved