学会概要


 本学会は、「日本並びに世界の服飾研究を、各国の関連会員と共に学際的に行い、服飾学の発展に寄与する」ことを目的として、1982年9月11日に発足した。以来、初代会長丹野郁氏、二代会長木野内清子氏、三代会長田中俊子氏、四代会長有馬澄子氏、五代会長増田美子氏の元で、年1回の総会・大会の開催、年数回の研究会開催、年2回の学術雑誌『国際服飾学会誌』の刊行、また会報誌「国際服飾学会会報」の年2回発行等の諸事業を行っている。総会・大会は3年に1度地方で開催することを原則としており、総会・大会には見学会も組まれていることが多い。また『国際服飾学会誌』は、同一論文が日本語と英語で、海外会員の場合は母国語と英語の二か国語で掲載される形となっている。

 本学会は、日本学術会議の協力学術研究団体であるとともに、日本学術会議と生活科学関連学協会との情報交換と連携を図る目的で設立された「生活科学系コンソーシアム」の構成団体でもある。

 本学会の発足に先立って、日本・韓国・台湾の共同開催による第1回亜細亜服飾学術会議(Asia Costume Congress)が1982年2月に台湾・台北市で開催されたが、国際服飾学会の発足は、この国際会議の日本における運営母体としての役割を担うものでもあった。

 亜細亜服飾学術会議は、以降毎年開催され、第2回が日本・東京、第3回が韓国・ソウル、第4回が台北、第5回が東京、第6回がソウル、第7回が台北と3カ国の持ち回り主催という形であった。

 1988年の第7回学術会議の際に、日本の丹野郁会長から、服飾研究の輪をアジアから世界に広げることを目指して名称を「国際服飾学術会議(International Costume Congress)」へ改称することが提案された。各国の賛同により、翌年からは欧米諸国も視野に入れての開催となり、翌1989年の第8回国際服飾学術会議はポルトガル・リスボンでの開催が実現した。

 第9回国際服飾学術会議は1990年に日本・東京で、翌第10回は英国・バースで、第11回は1992年韓国・ソウルで、第12回は1993年米国・ニューヨークで、第13回は1994年に中国・瀋陽で、第14回は1995年台湾・台北で、第15回は1996年デンマーク・コペンハーゲンで、第16回は1997年に日本・沖縄で、第17回は1998年にソウルでの開催であった。1999年は休会で、2000年に第18回が台北で開かれ、第19回が2001年にフランス・パリで、そして第20回は2002年に東京での開催であった。

 第21回からは隔年開催となり、第21回は2004年に韓国・済州島で、第22回は2006年に台湾・台南で、第23回は2008年日本・高山で、第24回は2010年韓国・ソウルで、そして2012年には第25回が台湾・高雄で開催された。2014年の第26回は、日本主催であり、東京を予定している。

 国際会議開催に伴って、会議の前後に開催国を主たる研修地とする数日間の研修旅行が催されていたが、第21回からは隔年開催となったため、国際会議の無い年には服飾文化研修旅行が行われるようになった。2003年はイタリアのサルデーニャ島・シチリア島へ、2005年はドイツ・オーストリアへ、2007年はギリシァ・クレタ島への研修旅行であった。2009年からは研修旅行の更なる充実を図って現地の服飾研究者との学術交流会を行うこととなり、この年はブルガリア各地の研修旅行と共に、国立民族学博物館の研究者との合同研究会がソフィアで開催された。2011年はフィンランドのラップランド大学及びヘルシンキ・アールト大学での学術交流会が催されるとともに、古都トゥルクや海を隔てた隣国のエストニアへの研修旅行が行われた。そして、この年から「海外学術研修旅行・学術交流会-フィンランド-」と呼称することとした。

 2013年度の「海外学術研修旅行・学術交流会-インド-」はインドの国立ファッション技術研究所での学術交流会及びインド各地の民族博物館・染織工房等の視察を中心とした学術研修旅行を予定している。
 
〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-2 本郷ビル3階 (株)ケーアンドユー内
Copyright (C) 2013 The International Association of Costume All Rights Reserved