国際服飾学会

日頃は国際服飾学会ホームページをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
ただいま、システムメンテナンスのため、国際服飾学会ホームページはほとんどのページが閲覧できません。
皆様にはご不便をお掛けしますことお詫び申し上げます。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2021年5月26日 国際服飾学会 iaoc★nifty.com(★を半角@に変更してください)

・入会申し込みはこちらから(新しいウィンドウが開きます)
年会費及び入会金は正会員が会費 7,000円(入会金 2,000円)、学生会員が会費 3,500円(入会金 1,000円)です。

・論文投稿については学会誌掲載の投稿規定・執筆要領をご確認ください。編集のメールアドレスはこちら:kokusaihenshu★gmail.com(★を半角@に変更してください)

・第41回国際服飾学会総・大会は2022年4月に開催予定です。詳細は決定次第お知らせいたします

・第29回国際服飾学術会議は2022年8月に開催予定です。発表・出展者募集中です。詳細は12月26日付でメールにてご案内済です。

お知らせ

2021年12月26日 更新:第29回国際服飾学術会議の案内を掲載しました

第29回 国際服飾学術会議 と 発表・出展者募集のご案内

12月26日付で会員の皆様にはメールにて案内をお送りしております。そちらをよくご確認の上お申込みください。

1.期 日:2022年8月24日(水)~25日(木) 準備日 8月23日(火)

2.場 所:東京/会場は未定(決定は4月の予定)

3.内 容:講演、口頭研究発表、Poster session、International Costume Exhibition

4.開催方法:現地開催を基本とする。
*新型コロナ感染拡大などの状況によってはオンライン参加を取り入れるなど、変更する場合もあります。

5.募集内容
1)口頭研究発表(発表時間25分 質疑を含む)
2)Poster session
3)International Costume Exhibition (以下、ICEと略す)
*募集内容1)2)3)ともに、共同発表者・共同出展者も全員、会議登録(別紙1「登録申込書」の提出)し、参加するものとする。
*分野と発表可能数 口頭研究発表・Poster・ICEの3分野を合わせて2回までとする。

6.費 用
会議登録料:280ドル(US$) (懇親会費を含む)
学生参加費:登録料 150ドル 、懇親会費は未定
ICE出展費:130ドル(ボディ借用代、図録代含む)
*新型コロナ感染拡大などの状況によって変更する場合もあります。

7.申し込み方法 ★締め切り 2022年 2月25日(金)
添付の各申込書(別紙1、2、3、4)に必要事項をご入力のうえ、メール添付にて各送付先へ提出して下さい。
申し込み後1週間を過ぎても、担当者から受け取りの返事の無い場合などのお問い合わせは、以下の問い合わせ先へお願いいたします。

8.国際服飾学会学術会議 問い合わせ先 : E-mail kokusaifukushoku@gmail.com
お願い:お問い合わせの際は、必ず次のように表記してください。
・表題には、 【学術会議】〇〇〇について と記載してください。
・本文には、 氏名・電話番号・ご用件 の順に記載してください。
各書式のダウンロードはこちらから↓(wordファイル)
別紙1 国際服飾学術会議参加登録申込書
別紙2 口頭研究発表申込書
別紙3 Poster session申込書
別紙4 International Costume Exhibition申込書


●2021年度第2回研究会のご案内 ※終了しました



■開催日時:2021年12月19日(日)10:00~16:00(終了時間は予定)
■開催方法:オンライン(Zoom)
■内容: 服飾美学会・国際服飾学会合同の研究会

1.研究発表
1)10:10~11:10 服飾美学会 研究発表 宮城学院女子大学 大久保 尚子氏
テーマ:近代東京における中形浴衣の近代化と注染の展開
2)11:10~12:00 国際服飾学会 研究発表  日本女子大学学術研究員 柴田 美紀氏
   テーマ:明治の新聞広告・記事に見る米国における日本の輸出向け洋装刺繍
  
――――休憩―――――

2.話題提供  13:30~15:30
「学会活動の意義と課題、研究対象と研究方法」
司会:水谷 由美子氏
1) 学会とその研究分野について   13:30~14:20
  ① 服飾美学会    横川 公子氏(服飾美学会代表委員 武庫川女子大学名誉教授、同附属総合ミュージアム教授)
  ② 国際服飾学会  佐々井 啓氏(国際服飾学会会長、日本女子大学名誉教授)
  ③ 美術史学会等  河上 繁樹氏(国際服飾学会理事、関西学院大学文学部教授、元服飾美学会代表委員 美術史学会会員)
 【意見交換  約20分】

2) 研究の進め方   14:20~15:30
① 日本の服飾研究について    横川 公子氏
② 欧米の服飾研究について    佐々井 啓氏
③ 服飾遺品の研究について    河上 繁樹氏
 【意見交換  約20分】


●2021年度第1回研究会 ※終了しました



■日時:2021年7月31日(土)12:00-16:30
■開催方法:Zoomによるオンライン開催
■開催内容:講演と研究発表

【研究発表】

12:30-13:05 1970-1990年代の中国における公立小中学校の学生服の変遷         黄珂 氏(お茶の水女子大学大学院) 

13:05-13:40 なぜ、漢服は右衽にこだわるか ―中国服飾文化にみる右と左の象徴性    謝 黎 氏(聖心女子大学客員研究員)

13:40-14:15 アジアを纏う:英国アール・デコ期にみるキモノとマンダリン・コート   後藤 礼圭 氏(津田塾大学)

14:15-14:50 16世紀日本の「島織物」をめぐって                   菅原正子 氏(学習院女子大学非常勤講師)

【講演】
15:00-16:30 儀礼を彩る布 -バリ島の伝統衣装を収集して-         講師:武居 郁子 氏(バリ伝統衣装研究家)
        インタビュアー:髙木 香奈子 氏(関西学院大学博物館)

関西学院大学博物館で2021年5月31日-同年8月8日まで開催される企画展「バリ 布の万華鏡・布が伝える美のこころ」に合わせて、大学博物館と国際服飾学会との共催で講演を実施します。
この展覧会は、バリ伝統衣装研究家の武居郁子氏のコレクションから、バリ島の服飾文化を紹介します。
武居氏を講師に迎え、展覧会を企画した学芸員の髙木氏がインタビューする形式で講演をおこないます。

[講師プロフィール]

兵庫県生まれ。バリ伝統衣装研究家。インドネシア語通訳講師。バリ在住歴約20年。伝統衣装着け師のインドネシア国家資格を外国人で初めて取得する。数年をかけて各村に滞在し調査を行い、各地の伝統衣装を収集する。インドネシアの伝統文化に造詣が深く、自らもバリ舞踊、ガムラン楽器演奏を習得。以来、バリ伝統衣装を紹介しつつ日本とインドネシア両国の文化交流につとめている。著書に『バリ島服飾文化図鑑』がある。

[図録販売について]
関西学院大学博物館2021年度企画展「バリ 布の万華鏡 布が伝える美のこころ」の図録(\1,000税込)を販売しています。購入希望者は、平日の9時から16時の間に大学博物館へ電話【0798-54-6054】で申し込んでください。図録発送時に振込依頼書が同封されます。振込依頼書には図録代金と送料を合わせた金額が記載されていますので、その合計金額をお振り込みください。